Composers

田村 文生(Fumio Tamura)[代表]

東京藝術大学大学院およびGuildhall School of Music and Drama, London大学院修了。1995年から97年まで文化庁芸術家在外研修員としてイギリスにて研修。作曲を北村昭、近藤譲、松下功、R,サクストンの各氏に師事。これまでにVallentino Bucchi国際作曲コンクール(ローマ)、安宅賞、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞、朝日作曲賞、国立劇場作曲コンクール、ジェネシスオペラ作曲賞(イギリス)審査員特別賞などに入選・入賞。作品は、アジア音楽祭、東京の夏音楽祭、Spitalfields音楽祭、The State of the Nation(ロンドン)、ISCM(香港)、国際現代芸術祭(オデッサ)、Festival Angelica(ボローニャ)、アジア作曲家協議会音楽祭(ソウル)2003、国際現代音楽協会(ISCM)世界音楽の日々(香港)、テグ国際現代音楽祭、Klangwerkstatt Berlin Festival für Neue Musik等など、各地で演奏されている。日本作曲家協議会、日本電子音楽協会、日本音楽学会、各会員、日本管楽芸術学会理事。神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授。

伊藤 弘之(Hiroyuki Itoh)[副代表]

1963年生まれ。カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院博士課程修了、博士号(Ph.D.)を得る。湯浅譲二、池辺晋一郎、R.レイノルズ、B.ファーニホウの各氏に作曲を師事。芥川作曲賞、ヌオヴェ・シンクロニー国際作曲コンクール第1位、シュティペンディエン賞(ダルムシュタット)などを受賞。これまでにサントリー音楽財団、紀尾井ホール・いずみホール、ミュージック・フロム・ジャパン、全音楽譜出版社、クラングシュプーレン音楽祭、リュームリンゲン音楽祭、コトブス州立劇場管弦楽団などをはじめ多数の団体や個人の演奏家から作曲委嘱を受けている。アルディッティ弦楽四重奏団、ディオティマ弦楽四重奏団、クラングフォルム・ウィーン、ニュー・アンサンブル、アンサンブル・モデルン、新日本フィル、東京シティフィル、神奈川フィル、いずみシンフォニエッタ大阪、東京シンフォニエッタ、アール・レスピラン、アンサンブル・ノマド、ネクスト・マッシュルーム・プロモーション、アンサンブル・コンテンポラリーα、クァルテット・エクセルシオ、東京混声合唱団、ヴォクスマーナなどの演奏団体や吉村七重(筝)、宮田まゆみ(笙)、吉野直子(ハープ)、マイク・スヴォボダ(trb)、ラース・ムレクシュ(sax)、鈴木俊哉(リコーダー)など多くの優れたソリストたちにより、ISCM World New Music Days 、ルツェルン、ガウデアムス、ダルムシュタット、大邱、秋吉台、武生をはじめ国内外のさまざまな音楽祭やコンサートで作品が演奏されている。フォンテックとミュージックスケイプからこれまでに3枚の自作集CDをリリース、好評を得る。ALM、トランスライブ、Einstein Records、Telos Music、GenuinなどのレーベルでもCD録音されている。作品の一部がリゾリュート・ミュージック・パブリッシング、全音、リコルディ、日本作曲家協議会などから出版されている。2001から2015年にかけて武生国際作曲ワークショップの講師などをつとめる。2015年に東京オペラシティリサイタルホールで、2017年にソノリウムで開催された「音楽の展覧会」のプロデュースなどの活動も行っている。日本大学芸術学部教授。東京芸術大学音楽学部非常勤講師。
(c)Didier Loire

金子 仁美(Hitomi Kaneko)

川上 統(Osamu Kawakami)

1979年、東京目黒生まれ、逗子育ち。 東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲専攻卒業、同大学院修了。 作曲を湯浅譲二、池辺晋一郎、細川俊夫、久田典子、山本裕之の各氏に師事。  2003年、第20回現音新人作曲賞受賞。 2009、2012、2015年に武生国際音楽祭招待作曲家として参加。 作曲作品は150曲以上に上り、国内外で演奏される。 楽譜はショットミュージック株式会社より出版されている。 Ensemble Contemporary α、ROSCO、voxhumana、混声合唱団「空」、東京現音計画、next mushroom promotion、リベルテマンドリンオーケストラなどの様々なアンサンブル、演奏家からの委嘱初演がなされている。 Tokyo Ensemnable Factory musical adviser Ensemble Contemporary α作曲メンバー 作曲作品は生物の名が多い。 現在、国立音楽大学、東京成徳短期大学、東京音楽大学付属高等学校で非常勤講師を務める。 チェロやピアノや打楽器を用いた即興も多く行う。  

斉木 由美(Yumi Saiki)

愛知県立芸術大学卒業後1991年渡仏。翌年パリ・エコールノルマル音楽院卒業後、1995年パリ国立高等音楽院を第1位指名による1等賞を得、首席で卒業。1996年帰国。第9回名古屋文化振興賞作曲賞入選(第1位)、第62回日本音楽コンクール第2位、第15回芥川作曲賞を受賞。2005年はIRCAM講習生として選抜され電子音楽と作曲の分野を学ぶ。作曲をポール・メファノ、平義久、兼田敏、保科洋、松井昭彦各氏に師事。教育活動として、同志社女子大学(専任)、桐朋学園大学、愛知県立芸術大学大学院、現在は、東京藝術大学、国立音楽大学及び大学院で後進の指導にあたる。審査員としてはこれまでに、芥川作曲賞、日本音楽コンクール、現音作曲新人賞及び競楽などを務めた。アンサンブル・コンテンポラリーαメンバー、日仏現代音楽協会・日本作曲家協議会会員、日本現代音楽協会理事。これまでに、Music Tomorrow、Music from Japan、サントリ芸術財団、川崎市文化財団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、しらかわ・紀尾井・いずみ3ホール共同プロジェクト、横浜文化振興財団、愛知県文化振興事業団、東京シンフォニエッタ、22世紀クラブ、武生音楽祭などの団体や、優れた演奏家から委嘱を受け新作を発表し、主要作品は、NHK交響楽団などの日本の主要なオーケストラや、国内外の現代音楽アンサンブル・演奏家たちによって演奏され、これまでに、カーン、ザールブリュッケン、ダルムシュタット、武生、ニューヨーク、ジョグジャカルタ、テグ、ガウデアムスなどの音楽祭やアジア・欧米で行われた演奏会などで作品が紹介されている。2014年5月には岐阜現代美術館で室内楽作品による個展が行われ、2015年は2枚の自作CDをリリースし、いずれもレコード芸術特選盤、朝日新聞推薦盤として紹介され好評を得た。 

鈴木 純明(Jummei Suzuki)

1970年、東京都台東区生まれ。東京藝術大学音楽楽部作曲科を経て、2000年、同大学院修士課程作曲専攻修了。1997〜2002年、パリ国立高等音楽院作曲科、および管弦楽法科と楽曲分析科で学ぶ。1999〜2001年、文化庁派遣芸術家在外研修員。2002〜2003年、IRCAM(フランス国立音響音楽研究所)研修員。作曲を宍戸睦郎、原博、野田暉行、廣瀬量平、一柳慧、野平一郎、Gérard Grisey、Marco Stroppa、Philippe Leroux、管弦楽法をMarc=André Dalbavie、楽曲分析をMichaël Levinasの各氏に師事。第2回福井ハープ音楽賞、第64回日本音楽コンクール、第18回日本交響楽振興財団作曲賞、ガウデアムス国際音楽週間’99、第31回ブールジュ国際電子音楽コンクール等に入選。管弦楽のための《ラ・ロマネスカII―ペトルッチの遍歴》(2013) で、第24回芥川作曲賞受賞。これまでにアンリ・セルマー・パリ、モンテカルロ芸術の春、Music from Japan、全音楽譜出版社、サントリー芸術財団等から委嘱を受け、Nieuw Ensemble(アムステルダム)、Nouvel Ensemble Moderne de Montréal(モントリオール)、Zagreb Saxophone Quartet(ザグレブ)、Doulce Mémoire(トゥール)、Ensemble Cairn(パリ)、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、東京混声合唱団、アール・レスピラン、アンサンブル室町、ヴォクスマーナ、クァルテット・エクセルシオ等によって作品が初演されている。サクソフォンのための作品が、Editions Henry LemoineとEditions IMD(パリ)から出版。2006年に初演された、6声と古楽アンサンブルのための《デ・プロフンディス》以降、中世から近代までの既存の西洋音楽作品を参照しつつ、創作活動を続けている。近作には、管弦楽のための《武装した人》(2015)、テューバと管弦楽のための《1920》(2016) 等がある。現在、東京藝術大学音楽学部作曲科准教授、桐朋学園大学講師。21世紀音楽の会、日本現代音楽協会、SACEM(フランス音楽著作権協会)会員。

堰合 聡(Satoshi Sekiai)

1971年宮城県仙台市生まれ。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。作曲を南弘明氏に師事。カナダ大使館での新作発表を皮切りに、アジア作曲家連盟音楽祭バンコク大会にて《Quartet3+1》、テンプスノヴム第9回演奏会にて《Duo1+1》が初演され、「ヌオヴォ・ヴィトゥオーゾ」や「カンパニー・ベネ」等の演奏会でも新作が演奏されている。さらに、映画音楽や美術とのコラボレイション等の活動も行ってきた。 当団体アンサンブル・コンテンポラリーα 創立期からのメンバー。現在、日本作曲家協議会会員。

鷹羽 弘晃(Hiroaki Takaha)

1971年宮城県仙台市生まれ。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。作曲を南弘明氏に師事。カナダ大使館での新作発表を皮切りに、アジア作曲家連盟音楽祭バンコク大会にて《Quartet3+1》、テンプスノヴム第9回演奏会にて《Duo1+1》が初演され、「ヌオヴォ・ヴィトゥオーゾ」や「カンパニー・ベネ」等の演奏会でも新作が演奏されている。さらに、映画音楽や美術とのコラボレイション等の活動も行ってきた。 当団体アンサンブル・コンテンポラリーα 創立期からのメンバー。現在、日本作曲家協議会会員。
 

山本 裕之(Hiroyuki Yamamoto)

1967年山形市生まれ、主に神奈川県で育つ。1992年東京芸術大学大学院作曲専攻修了。在学中、作曲を近藤讓、松下功の両氏に師事。これまでに第58回日本音楽コンクール第3位(1989)、現音作曲新人賞(1996)、BMW musica viva作曲賞第3位(ドイツ/1998)、武満徹作曲賞第1位(2002)、第13回芥川作曲賞(2003)を受賞。またフォーラム91(カナダ/1991)、ガウデアムス国際音楽週間'94(オランダ/1994)、ISCM世界音楽の日々(ルクセンブルク/2000、横浜/2001)など、様々な音楽祭に入選している。作品はLe Nouvel Ensemble Moderne、Ensemble Contemporain de Montréal、Trio Fibonacci(以上モントリオール)、Nieuw Ensemble、Calefax Reed Quintet(以上アムステルダム) 、NZ Trio(オークランド)、POING(オスロ)、バイエルン放送交響楽団(ミュンヘン)、ルクセンブルク管弦楽団、カイロ交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京混声合唱団、ヴォクスマーナなど各地の演奏団体等により演奏され、またラジオで放送されている。演奏家や演奏団体、放送局等からの委嘱を受けて作曲を行っている傍ら、1990年より作曲家集団《TEMPUS NOVUM》に参加、2002年よりピアニスト中村和枝氏とのコラボレーション《claviarea》を行うなど、コンサートの企画なども含む様々な活動を展開している。2002年第51回神奈川文化賞未来賞受賞。NPO Glovill理事、Ensemble Contemporary α(東京)、音楽クラコ座(名古屋)各メンバー。現在、愛知県立芸術大学准教授。作品の一部はM.A.P. Editions(ミラノ)から出版されている。http://japanesecomposers.info 

Ensemble Contemporary α事務局

Tel 090-4422-6300  Fax 048-258-6856

Email contemporary.alpha@gmail.com

© 2019 Ensemble Contemporary α