Ensemble Contemporary α

アンサンブル・コンテンポラリーα定期公演 2015

新西蘭・新音楽New Music from New Zealand

日時:2016年1月8日(金)19:00開演(18:30開場)

場所:豊洲文化センターホール

チケット:3000円(全自由席) 

主催:アンサンブル・コンテンポラリーα
助成:NPO法人JML音楽研究所

プログラム

■山本裕之 (1967〜):《輪郭主義VI》 
 Hiroyuki Yamamoto : Contour-ism VI for piano trio

■イヴ・ド・カストロ=ロビンソン (1956〜):《喜びのカオスIV》
 Eve de Castro-Robinson : Chaos of Delight IV for piccolo/_ute and bassoon

■トリスタン・カーター (1985〜):《ささやき》
 Tristan Carter : Murmur for string quartet

■ジョン・サーサス (1966〜):《ピアノ五重奏曲》

 John Psathas : Piano Quintet

 

■カルロ・マルゲティック (1987〜):《ホタル》
 Karlo Margeti´c : Svitac for clarinet and piano

■ジャック・ボディ (1944〜2015):《野心》
 Jack Body : Fire in the Belly for piano trio

多久潤一朗 ──flute

鈴木生子 ── clarinet

塚原里江 ──bassoon

佐藤まどか ──violin

花田和加子 ──violin

甲斐史子 ──violin※

亀井庸州 ──violin※

安藤裕子 ──viola

松本卓以 ──violoncello

寺井創 ──violoncello※

及川夕美 ──piano

大須賀かおり ──piano (賛助出演)

鷹羽弘晃 ──conductor

南洋の島国で混交した文化から生まれた、もうひとつの現代音楽───南太平洋に浮かぶニュージーランド。日本と同じく、欧米から遠く離れた島国である。国の歴史の長さに違いはあっても、西洋音楽を受容しはじめた時期はそう変わらない。しかし一方で、ニュージーランドはポリネシア、アジア、ヨーロッパといった様々な文化が混交する移民国家という顔を持ち、多様性を強く重んじる気風がある。それはとりもなおさず、いまを生きる作曲家に影響しないはずがない。本公演では、そんな「KIWIコンポーザーズ」の中からできるだけ異なる思想・スタイルの作品を幅広い世代から集めてみた。孤立した自然環境からのインスピレーション、移民の子孫としてのアイデンティティ、情報化社会に生きる若い世代……それらは、ヨーロッパの時流とはいくぶん異なるレイヤーにある音楽だ。

 惜しくも2015年5月に亡くなったジャック・ボディは、自ら国際的な作曲家、民族音楽学者として活動しながらも、国内ではニュージーランドの作曲界をまとめ上げ活気をもたらした。ボディの影響を様々に色濃く受けたこの国の現代音楽は、世界的に見てユニークな立ち位置にいる。マオリの言葉で「白く長い雲のたなびく地」という“アオテアロア”から、世界に発信しはじめた彼らの音楽に、ぜひとも耳を傾けていただきたい。

Ensemble Contemporary α事務局

Tel 090-4422-6300  Fax 048-258-6856

Email contemporary.alpha@gmail.com

© 2019 Ensemble Contemporary α